CitrixのSD-WANは企業活動の生産性向上を目的として、ユーザーが快適にアプリケーションを使うための工夫が満載ですが、やはりクラウドの時代においてはセキュリティが欠かせません。特に昨今のテレワークが当たり前の状態ではいかに快適かつセキュアに業務が継続できるか、オフィスでも自宅でもその使い勝手の一貫性が鍵になってくると考えられます。

今回は、Citrix SD-WANのセキュリティの進化を先取りするかたちで、北米製品担当の発信をご紹介いたします。

ブランチオフィスのための一体型エッジセキュリティ (Citrix SD-WAN Advanced Edition)


クラウドに移行するアプリケーションが増えると共に、ビジネスクリティカルなデータとアプリケーションのセキュリティを守ることがおそらく人々の最大の関心事項になってきています。しかし残念なことに、アプリケーションに安全にアクセスできることと、従業員がSaaSやクラウド内のアプリケーションに対し、これらがブランチオフィスに置かれているかのように高速、効率的にアクセスできることとは多くの場合に両立しません。

また問題は、これを両立させようとした場合、企業のデータセンターにこれまで使用されてきた何層ものセキュリティ手段を迂回しなければならないことです。

Citrix SD-WANはそれ自体に組み込まれた頑丈なセキュリティを、WANの信頼性と常時接続とを確保しながら提供できるようになりました。トラフィックは複数のトランスポートによって担われるため、帯域幅を最大限に利用できると共にアプリケーションの使用エクスペリエンスが最適化され、またリンクに速度低下や停止が発生した場合にも最短時間でフェールオーバーが行われます。WANエッジでの先進的なセキュリティとネットワークのセキュリティ確保のための選択肢が、クラウドやSaaSに直接ブレークアウトする場合には特に豊富に得られるようになりました。

ICSA認証済みのステートフルなファイアウォールが組み込まれており、ZscalerやPalo Alto Networks Prisma Accessを初めとする複数のクラウドセキュリティプラットフォームのいずれかに自動的に接続するか、あるいはSD-WANブランチアプライアンス上で直接Palo Alto Networks VM-SeriesのようなNGFW VNFsのホスティングを行うことが可能です。

しかしそれだけではありません。Citrix SD-WANには、ユーザーが一切の心配なくインターネットに直接接続できるよう、SD-WANブランチアプライアンス上でWANエッジを直接保護する包括的なエッジセキュリティ機能が搭載されました。

インターネットへの直接接続を保護するフル装備のエッジセキュリティスタック

ネットワーキングとセキュリティを同一のアプライアンスにまとめることにより、セキュリティを犠牲にすることなく最大限のアプリケーション使用エクスペリエンスと信頼性が得られます。クラウドベースの状況を一括して確認できる(single-pane-of-glass)な管理機能を備えたCitrix SD-WANエッジセキュリティスタックは容易に展開と管理が可能なため、複数のベンダーからの複数の製品を展開、コンフィグレーション設定、および管理することに伴う複雑さを軽減することができます。

Citrix SD-WAN OrchestratorがSD-WANと組み込まれたエッジセキュリティスタック両方の集中管理を支援するため、IT部門はセキュリティを犠牲にすることなくアプリケーション使用エクスペリエンスとパフォーマンスに注力することが可能です。アプリケーションがデータセンターとクラウド内のいずれに置かれているかは問題ではなく、またローカルなインターネット接続を経由するかWAN経由のバックホールトラフィックによるかも問題とはなりません。セキュリティ面での要求に応えながら、最高のアプリケーション使用エクスペリエンスと常時オンのネットワークが得られるようになりました。

新しいCitrix SD-WAN Advanced Editionによるエッジセキュリティ


  

Related Stories